Tooth decay

一般歯科について

一般歯科は、基本的に保険治療の範囲内での診療の事を差します。診療の中で最も需要が多く、その治療内容は多岐に渡ります。
当院では患者さまのご希望を伺い、治療計画を立てます。治療内容にご納得を頂いた上で実際の治療をすすめてまいります。


こんなお悩みはありませんか?

  • 急に歯が痛くなった
  • 子供の歯にトラブル発生
  • ずっと歯の悩みを抱えている
  • 虫歯かどうかわからない

  • 伊集院歯科医院では、患者さまがずっとご自身の歯で美味しく食事が出来る、ずっと笑顔でいられる、そんな治療を目指しています。お子さまの場合は、発育にあわせた慎重な診療を心がけております。是非一度お気軽にお問い合わせください。
  • 虫歯の進行
    • 1.C1(エナメル質の虫歯)
      歯の表面のエナメル質という硬い部分が溶け始めた状態。表面の部分には神経が無いので、痛みはまだ感じません。 この段階で治療することができれば、最も効果的です。
    • 2.C2(象牙質の虫歯)
      虫歯の進行が表面を超え、象牙質まで広がった状態。 冷たいものや甘いものがしみる・痛みが出るなどの症状が出ます。 初期よりも進行が早くなります。
    • 3.C3(歯髄の虫歯)
      虫歯が歯の神経まで達した状態。 絶えず痛みが出ます。 歯の神経を治療する処置が必要です。
    • 4.C4(歯が破壊)
      歯の頭の部分がほとんどなくなり、歯の根っこの部分だけの状態です。
    伊集院歯科医院 治療のコンセプト
    伊集院歯科医院では、「歯を残す」ことを第一に、治療を行っております。
    「歯を残したから何があるの?」 「歯がなくなっても、歯医者にいけば何とかなる」
    こんな風に考えておられる方も多くいらっしゃいます。しかし、「歯を残す」ことは、これからの人生、一生に関わることです。歯の治療は、状況にもよりますが、一つの歯につき運が良くて4回まで治療することができます。
    虫歯治療の例
    • 虫歯が出来た →削るなどの処置
    • 詰め物・かぶせものなどの処置
    • 一度処置をした歯にまたトラブルが起きた →削るなどの処置
    • 再度詰め物やかぶせものなどの処置
    運が良ければここまでの治療が可能です。
    しかし、これ以上の処置は、歯に負担がかかりすぎてしまうため、歯を抜かざるを得なくなる場合がほとんどです。
    歯がなくなった部分には、ブリッジや義歯、インプラントを入れることになります。

    ブリッジ
    失った歯の両隣に位置する歯を支えとして、橋を渡すように人口の歯を補います。自分の歯で噛んでいるように使用する事が出来ますが、健康な歯を支柱として削ってしまうため、歯周病になる可能性が高くなり、耐久性にも劣ります。

    インプラント
    インプラントは保険適用外の治療です。歯科医院により異なりますが、一本あたり、10~50万円の値段がかかります。さらに、誰でも入れることができるわけではなく、埋め込むのに十分な骨の厚みや幅がなければなりません。
  • 義歯や入れ歯は、保険適用内ではありますが、ぴったり自分に合うものは、保険外で作らなければなりません。メンテナンスも必要となり、どうしても費用がかさんでしまいます。 このように、歯を失うと向き合わなければならないものがどんどん増えてきます。 「歯を残すことの大切さ」と「歯がなくなる事の恐ろしさ」がお分かりいただけたでしょうか。 伊集院歯科医院では、患者さまがずっと笑って過ごせる、好きなものを食べられるよう、精一杯のサポートをさせて頂きます。 一緒に、素敵な歯を守っていきましょう。