審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは、「美しさ」という観点から行う総合的な歯科治療です。 歯科治療によって機能が回復しただけでは、ただ“治った”としか感じられないと思います。 審美治療は、見た目をきれいに、美しい笑顔から生活に活力を取り戻すための治療です。 当院では「歯を白くしたい」、「歯並びを美しくしたい」など、患者さまのご要望に合わせた治療を行います。

審美歯科とは

伊集院歯科医院の審美歯科メニュー

→セラミック

セラミック(陶器)100%で作られる詰め物・かぶせ物です。仕上がりが美しく、世界中で最も多く使用されています。 水分を吸収せず変色にも強いため、長年きれいな状態を維持する事が可能です。 ¥70,000(税抜)
長所
・変色がない。
・1本~多数歯(ブリッジ)まで対応が可能。
・透明感が高いために、天然歯に色がなじみやすく違和感が少ない。
短所
・粘り強さに欠けるため、咬み合わせ調整中に欠ける可能性がある。
・金属のインレーに比べると耐久性にやや劣る。

→ハイブリッド

セラミックの粒子と、レジンと呼ばれるプラスチックを混ぜたもの。 「ハイブリッドセラミックインレー(クラウン)」とも言います。¥50,000(税抜)
長所
・柔軟性に優れているため、詰め物には特に適している。
・1本~多数歯(ブリッジ)まで対応が可能。
・適度に硬さがあるので、対合歯に優しい素材である。(自然な噛み心地を再現))
・保険内の詰め物に比べて唾液の吸収が少なく、変色しにくい。
短所
・プラスチックが混ざっているため、長年使い続けると水分を吸収して変色してしまう。
・金属のインレーに比べると耐久性にやや劣る。

→ジルコニア

一般的なジルコニアとは、ダイヤモンド類似石として使用されるほどに硬く、透明感がある物質です。 歯科用で使用されるジルコニアは一般のジルコニアと似た成分に加え、白く、柔軟性をプラスし改良されています。 金属のような強度と、腐食することがないという利点から、金属を使わない「ノンメタル治療」として広く普及し始めてきています。¥70,000(税抜)
長所
・噛む力の強い「奥歯」にも使用する事が出来る。
・ブリッジ、インプラントなどの「強度が必要な場面」で使用が可能。
・変色、劣化しない。
・金属よりも軽い。
短所
・透明感が低いため、見た目に違和感が生じる。 (前歯に使用する際には、ジルコニア表面にセラミックを焼き付けて自然に仕上げます。)
・天然歯よりも硬いため、咬み合う歯を傷つける可能性がある。
・費用が高い。

→ホワイトニング

歯の黄ばみや変色にお悩みの方におすすめです。 歯の内側から漂白しますので、より白く、理想的な歯の色を取り戻すことができます。   ¥15,000~(税抜)

ホワイトニング