院内ブログ

BLS講習会

2016年10月30日

先月、保険医協会の心肺蘇生法(BLS)の講習会に参加しました。

突然人が倒れた時の対処法について学びました。

目標:心停止傷病者の社会復帰(傷病者の脳に障害が生じず歩いて家に帰れること)

★BLSの流れ:周囲の安全確認、感染防御

*そこのあなた!この方反応がありません。

*人をたくさん集めて来てください。

*それから119番通報をお願いします。

AEDを持ってきてください。

*気道確保:頭部後屈、顎先挙上。

*呼吸、脈拍の確認:呼吸の確認、見下ろすように胸部と腹部の動きを観察。

*胸骨圧迫:胸の真ん中(胸骨の下半分)に片手を置き、もう一方の手を上から重ねて手掌基      部で圧迫。

圧迫のリズムは100~120回/分で深さは5~6cm圧迫し

圧迫解除(リコイル)も確実に行う。

人工呼吸:感染防護具(フェイスシールド、BVM等)があれば

人工呼吸(1秒で、胸が軽く上がる程度)2回連続

胸骨圧迫:換気=30:2で同期させて行う。

協力者がいれば5サイクル(1~2分)を目安に交代する。

★AED(自動体外式除細動器)

電源を入れ、音声に従う

①電極パットを貼る

②AEDによる解析

③安全確認をして電気ショックボタンを押す

「除細動(電気ショック)は必要ありません」=「心拍再開」ではないため反応がない場合はすぐに胸骨圧迫を続ける